高知県糖尿病看護土佐の会

TOSANOKAI Nursing of diabetes

Top > 会則

会則

第1条(名称)

本会の名称は、「高知県糖尿病看護 土佐の会」(以下「本会」という)と称する。

第2条(目的)

本会は、糖尿病看護に関心のある看護師相互の交流と研鑽を通して、高知県下の糖尿病看護の質の向上を図ることを目的とする。

第3条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.糖尿病研修会の開催

2.糖尿病看護に関する実践報告及び情報交換、糖尿病に関する講演会やシンポジウムなどを定期的に開催する(3回/年)

第4条(組織)

本会は以下の組織で構成する。

1.会員
会員とは、本会の目的に賛同し、看護師で所定の手続きと会費の納入を完了した個人をいう。

2.世話人 
世話人とは本会会員であり、本会の目的に賛同し、糖尿病認定看護師・日本糖尿病療養指導士の資格を有する看護師ならび糖尿病看護に関心のある看護師とする。
世話人は複数名とし、新たに推挙された世話人は世話人会に報告の後、総会で承認を得る。

3.世話人会
本会は世話人会を置き、第3条に定める事業を推進する役割を担い、第9条に定める会の運営を行う。

4.事務局
本会の会員名簿の管理、事業等に関する活動と資料の保管管理を行なう。
事務局は世話人の所属する施設の持ち回り制とし、任期を2年とする。但し、再任を妨げない。

5.総務
本会の事業を円滑に推進するために、年間の企画および役員との連絡調整を行い、事務局を支援する。

6.企画
年間企画の担当の決定、事業内容の具体化および広報を行う。

7.会計
本会は、入会金および参加費、その他の収入を管理し事業を運営する。

8.会計監査
年度末をもって、会計収支の監査を行う。

第5条(役員・選出・役割・任期)

1.本会に以下の役員を置く。
1)代表世話人   1名
2)会計       1名
3)会計監査    1名
4)総務       3名
5)企画       5名
6)書記       2名

2.役員の選出
役員は世話人の中から選出し、総会で承認を得る。

3.役割
・代表世話人は本会の代表として、会の運営及び提言を行う。
・会計は、金銭の出納の記録・伝票等を管理し総会で報告する。
・会計監査は、会計事務を監査し、その結果を総会で報告する。
・総務は、世話人会の招集、ならびに本会事業の実施に関する調整、その他必要事項を協議し、世話人会に諮る等の役割を担う。
・企画は、情報交換会や学習会などの具体化や進行、会場の準備など研修担当施設の支援を行う。
・書記は、世話人会や総会の記録を行う。

4.役員の任期
2年とする。但し、再任を妨げない。

第6条(総会)

1.総会は本会の最高決議機関であり、年1回開催する。

2.総会は事業報告、計画、収支決算、委員の選出、会則の変更、その他必要な事項を議決する。

3.総会は会員の委任状を含む3分の2以上の出席により開催し、代表世話人が招集する。

4.総会の議長は代表世話人が指名する。

5.議事は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長が決する。

6.総会に欠席する場合は委任状を提出しなければならない。

第7条(本会の運営)

1.本会は、会費、参加費、寄付金その他の収入によって運営される。

2.本会は、企画した研修会において参加費を徴収する。
  会場費が不要の場合は500円、必要な場合は1,000円とする。

3.会員は、終生会費1000円を納める。

4.会計担当者は、総会において会計報告を行い、承認を得なければならない。

第8条(会計)

1.会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする

2.会計報告は、年1回、総会で行うものとする。

第9条(研修会の開催)

1.原則として研修会を年2~3回開催する。

2.共催で行う場合は、共催者と協議の上で決定する。

3.研修会は、企画の世話人が所属する施設を中心として担当制とする。

第10条

その他、土佐の会の運営に必要な事項は世話人会で協議し決定する。

附則

1.本会則は、世話人会の承認により2011年9月11日より施行する。
  本会則は、世話人会の承認により2014年4月  日より施行する。

2.本会則の変更は、総会の承認により決定する。

PAGE TOP