高知県糖尿病看護土佐の会

TOSANOKAI Nursing of diabetes

Top > ごあいさつ

ごあいさつ

ご案内

「高知県糖尿病看護土佐の会」は、2011年9月に糖尿病看護の質の向上を目指し設立されました。

各県においては、すでに看護職員の質の向上を掲げた糖尿病療養指導士の会が組織され研修会や学会発表等で活動されており、高知県においても発足の声は上がっておりました。

2008年に国の5疾病5事業の一環で「専門分野(糖尿病)質の高い看護師育成事業」が開始され、その研修修了生たちが中心となってこの会を立ち上げることができました。
糖尿病に強い医療施設の看護職員達だけでなく、いろいろな医療施設で働く看護職員がともに知識や技術、そして症例を通して得た経験知を共有することで糖尿病看護の質を高めようとする集まりです。
講義形式と事例検討会による臨床実践能力向上の場を企画運営しています。新人からベテランまでそれぞれの学びが得られます。 

糖尿病看護を通して、県民の健康に寄与できるよう会員と活動しております。


社会医療法人 仁生会 細木病院 看護部長
松澤 富子


ご挨拶

高知県糖尿病看護土佐の会は、高知県民がそれぞれのレベルで健康な生活を維持できるように糖尿病看護を通して寄与したいと考えております。

糖尿病は、生活習慣病として知られておりますが、様々な生活様式の中でその人らしさを大切にした指導を行うには、勉強だけではなく、知識や技術をどのように応用するかが必要です。そのためには同じ看護に関わる者同士で、情報を交換し体験知の幅を広げ深める場が必要です。

土佐の会の研修は「質は高く敷居は低く」をモットーに、新人とベテラン一緒になって楽しく意義ある研修ができるようにファシリテーターを配置しています。また、糖尿病看護認定看護師・ 糖尿病療養指導士(CDEJ)・高知県糖尿病療養指導士(LCDE)の資格取得を支援しています。  糖尿病看護に関心のある看護職員の入会や研修会参加をお待ちしております。

PAGE TOP