土佐の会ロゴ 土佐の会ロゴ

高知県糖尿病看護土佐の会

TOSANOKAI Nursing of diabetes

〒780-8535 高知県高知市大膳町37
TEL 088-822-7211 FAX 088-825-0909
HOME >研修結果報告

研修結果報告

  • 2019/06/16 研修結果報告

    第20回土佐の会セミナーを開催しました

    • 第20回土佐の会セミナーを開催しました
    • 今回は循環器疾患を併せ持つ糖尿病患者の看護として慢性疾患看護専門看護師の高橋奈智先生と急変時のアセスメントと看護として救急看護認定看護師の川村佳代先生に事例を含めた講義を行っていただきました。またグループワークにてお互いの疑問やアセスメントの視点等情報交換ができ自施設での活動に役立てることができると思います。

      「糖尿病と循環器疾患」として細木病院の細木信吾先生によりPCIの動画を含めた講義を行っていただき、有意義な時間を過ごすことができました。

      皆様お忙しい中、一日研修として県外からもたくさんの方に参加していただきありがとうございました。

    • 写真2
  • 2019/02/24 研修結果報告

    第19回土佐の会セミナーを開催しました

    • 第19回土佐の会セミナーを開催しました
    • 第19回土佐の会セミナーが近森病院にて開催されました。

      岡山県の糖尿病看護認定看護師さんとの共同開催となり

      県外からもたくさん参加していただきました。

      「糖尿病の合併症を起こさないために」というテーマで

      近森病院 糖尿病内分泌代謝内科部長の浅羽宏一先生をお迎えして

      特別講演を行い、岡山県から糖尿病看護認定看護師さんによる

      フットケア、行動変容ステージ別療養指導、事例紹介の元

      糖尿病患者さんの療養指導について学習を深めることができました。


      また、糖尿病神経障害、視力障害の合併症を持つ患者体験を実践し

      少しでも患者さんの気持ちに寄り添う援助ができると参加者からも

      「本当に大変だということが実感できた」という声が多くあがり

      充実した研修を行うことができました。


    • 1
  • 2018/02/04 研修結果報告

    第18回研修会が開催されました

    • 第18回研修会が開催されました
    • H30年2月4日細木病院にて第18回研修会が開催されました。

      今回は、「血糖パターンマネージメントの実際」というテーマで糖尿病看護認定看護師の尾崎みづほさんに講演をいただきました。引き続き血糖パターンマネージメントを活かした療養指導について考えようと6組に分かれてグループワークを行い事例を通してアセスメント方法や患者さんとのかかわり方、SMBGから読み取れる情報の分析等意見を出し合い情報交換を行いました。これからの療養指導におおいに役立つ研修会となりました。

  • 2017/11/04 研修結果報告

    第17回研修会が開催されました

    • 第17回研修会が開催されました
    • 第17回研修会が10月28日(土)に開催されました。
      今回は幡多地区開催で四万十市立市民病院を会場に25名の参加がありました。
      「最適な運動指導を目指して」と題して四万十市立市民病院理学療法士の北川先生よりNEAT(ニート)について学び、立位や歩行の少しの姿勢の違いでエネルギー消費が増えるコツを体感しながら知ることができました。
      また「糖尿病療養指導カードシステムの活用法」についてもグループワークで他施設の方と実践的なディスカッションができ、有意義な研修となりました。
      何よりも今回は看護師以外の職種の方の参加が数名あり、様々な視点から療養指導やチーム医療について考えることができました。
      次回は2月に血糖パターンマネジメントについての研修会を行います。土佐の会では実践に役立つ研修会を目指しています。多くのご参加お待ちしています。
  • 2017/08/20 研修結果報告

    第16回高知県糖尿病看護「土佐の会」研修会を開催しました

    • 第16回高知県糖尿病看護「土佐の会」研修会を開催しました
    • H29.8.19(土)12:50~16:10 ちよテラホール3階にて第16回研修会が開催されました。

      テーマ「当院の透析室におけるフットケアについて」として高知高須病院 看護師 細川 佐絵先生に講義をしていただきました。フットケアの必要性、足の観察方法、神経障害性足病変とPAD(末梢動脈疾患)の特徴の比較、また炭酸泉浴の効果、シャボンラッピングの目的と方法等お話があった後、十分な時間のもと実際に足に触れ、角質除去やニッパーでの爪切り、マッサージ等グループに分かれ、またペアで実践を行いました。

      JCT株式会社さん【http://www.jct-inc.jp】のご協力のもと、フットケアセットをお借りし、フットケアカバー(フットケア処置時に飛散する削粉や菌、匂いをガード)吸引用フットケアドリル(削粉を吸引しながら削れる)ミスト式フットケアドリル(LEDランプが付いてミスチスプレーにより摩擦熱と削粉の拡散を軽減)等提示していただき、実際にお互いの爪を切ったり、フッティ(練習用の足型)にて実践を行いました。ファシリテーターの説明のもと、さまざまな質問が飛び交い有意義な研修会となりました。

    • 画像1
    • 研修会講師
    • フットガード

PAGE TOP